さまざまなイベント企画を行っている鎌倉市倫理法人会

モーニングセミナーをはじめ、おもしろ企画をどんどん行っています。いろんな経験をしたいなら鎌倉市倫理法人会へ!

2017年7月12日水曜日

お世話になりました~会長を受けて変わったこと~神奈川県倫理法人会 会長 関 伸司 氏

20170711

九州地方では、今までに経験したことの無い集中豪雨が降り、多くの死者、行方不明者が出ました。また、北海道、山形などでは最高温度が35度を超す猛暑日を迎えました。東シナ海の表面温度が、例年以上に異常高温となり、それに太平洋高気圧、チベット高気圧、梅雨前線などの影響を受けて、このような異常豪雨が発生したようです。

いつも通り、笑顔での役員朝礼を終えて、6時半から、松谷会長の挨拶が始まりました。
 
「土曜日に鎌倉でお祭りがあり、その音頭を取ったので、お酒を飲み過ぎて、日曜日の朝起きができず、出席予定のMSを欠席してしまい、反省しています。約束したことは、きっちり実行したいと思います。今期中に会員会社数を4050社にすることを約束しています。皆さんのご協力も得て、必達したいと思いますので、よろしくお願いします。」

その後、今月誕生日を迎えた5名の会員に花束が贈呈されました。

次は、中山 裕一 事務長の会員スピーチです。

「私は、この度、本名を『中山 裕(ゆたか)』から『中村 裕一(ゆういち)』に変更しました。何故なら、前者の総画数は19画で、良くないといわれているからです。20画にすることにより、人生がいい方向に進むことを期待しています。今まで、ある不動産会社に勤めていましたが、今回、小さな会社の社長になり、女子社員一人との計二人の会社です。収入も減ったので、以前の不動産会社の顧問もしていて、収入を補っています。会社の仕事としては、普通の人はやらないような職人的な仕事にも取り組んでいます。色々な仕事を引き受け、その中からどの方向に進むかを考えたいと思っていますが、倫理の教えに従った仕事をしたいと思います。」

次は、本日の講師:神奈川県倫理法人会 会長 関 伸司 氏の講話です。

【関 伸司 氏のプロフィール】
195710月生まれ(59歳)
()葉山クリエイト 代表取締役
茅ヶ崎、葉山、東林間に、新聞販売その他の事業の経営拠点を持つ。
近々、茅ヶ崎拠点から撤退し、同時にご子息に経営の移譲を予定

「県の会長職を拝命して2年が過ぎようとしています。あと50日ほどで会長職を退くことになり、これまでの経緯を振り返っています。今後、4か所で同様のMS講話を引き受けています。会長になって大きく変わったことは、各種の会合などへの出席が大幅に増え、時々約束の時間に間に合わなくなるなど、ハッとしたことが多かったことでした。約束は何としても守ることは重要です。あるとき、新宿で7時からのMS講話の講師を担当することになりました。茅ヶ崎の事務所での起床が遅くなり、間に合わないかもしれないと呆然としましたが、急いで車で新宿に向かいました。幸いなことに茅ヶ崎から新横浜までは、30程度ある信号に一回引っかかっただけで、615分には原宿着、結果的には、講演にやっと間に合いました。頑張れば運も自分に向いてくれるということを強く感じました。」

「大地震に見舞われた熊本県は、埼玉県を抜いて全国一の会員数になるようです。宮城県も大地震の経験から団結の重要性を学び、3千社を抜こうとしています。会員一人一人がその気になれば、会員増は可能だと思いますので、鎌倉市も50社の目標を是非必達して欲しいと思います。」

「人生を充実させるには、万人幸福の栞の全17条をしっかり読んで実践することだと思います。特に第9条『約束を違えれば、己の幸いを捨て、他人の福を奪う』が大切だと思います。自信過剰も良くないけれど、自信を喪失すれば、挫折してしまいます。夢を持ち、それを目標に変えれば、現実となります。そのためには実践が必要です。」

「最近、インターネットやスマホなどの普及で、新聞の販売が減りました。茅ヶ崎の拠点を他人に譲渡することとし、インターネットやスマホを味方にするような仕事を考えて、残りの2拠点で仕事を展開したいと思います。大木でも根っこが最も大事で、そこが大丈夫であれば、色々な展開を試み挑戦するのがいいと思っています。倫理を忠実に実践したお蔭で、家族とも良い関係になったと思います。ただ、働きがいのある職場にする努力を怠らないことが重要です。現在、私には各種の変革が重なり、倫理指導を受けました。『すっきりしてみること』との助言を頂きました。自信を持ち、約束を守ること、当たり前のことを当たり前にすること、働き甲斐のある職場にすることだと思います。自信をつけるには、約束を守り、世の中の流れを敏感に把握し、自分の経験を活かせ、地域に密着した仕事を選ぶことと思っています。」

 2年間の会長職、本当にご苦労様でした。訥々と話される講話に一つ一つ頷きました。新聞販売という減少傾向にある仕事の中で、それをばねにして更なる飛躍がありますように祈ります。

この後、笑顔の集合写真を撮り、美味しい朝食を頂きながら、講話の感想などを話し合いをしました。

 
(平松 健男 記)

2017年7月5日水曜日

~志と努力の経営~倫理研究所 法人スーパーバイザー 日高 新作 氏

20170704

いよいよ本格的暑い夏がやってきました。今夜には、駆け足で台風が過ぎて行くようです。活気に溢れる役員朝礼を終えて、6時半から、松谷会長の挨拶が始まりました。

「昔は、よく栞の勉強をしましたが、最近はあまりしていないと思い反省しています。当社の仕事の中には、車の販売もあり、販売する社員の給与には、販売による歩合制も導入しています。社員には、よく説明して納得して貰わないといけませんが、不十分であったと反省しています。将来的に、一人前のセールスマンに育つように、援助していかなければいけないと思っています。そのためにも、私が栞を勉強したいと思います。」

次は、田中 ゆかり 会員のスピーチです。
 

「遠方に住んでいるので、月一回程度の出席ですが、万人幸福の栞や日めくりを毎日読み、勉強しています。栞の39ページには、『万象はわが師』とあります。一日一日を大切に生きたいと思います。人は死ぬためにはどう生きたらいいのか? 栞で納得しています。
普段、自分のことには無頓着になりがちですが、健康は良くなったり、悪くなったりします。死ぬときには、肉体は地に還り、魂は天に昇ります。それらが上手に離れることが大切だと思います。栞を読めばその離れ方について、きちっと書かれています。読めば読むほど納得できます。お互いに愛し合い、尊敬し合い、明るい関係であることが大切だと思います。」

次は、本日の講師:倫理研究所 法人スーパーバイザー 日高 新作 氏の講話です。

【日高 新作 氏のプロフィール】
昭和224月生まれ
昭和37年:長崎より名古屋に集団就職
昭和46年:日高通信設立
昭和53年:アイシン共聴開発(株)設立
平成21年:東京都倫理法人会 会長
現在、倫理研究所 法人スーパーバイザー

「故郷の長崎県平戸から集団就職で名古屋に移動しました。そこで昼間働いて、夜間高校を卒業後、東京へ移住しました。その頃、『少年よ、大志を抱け』というクラーク博士の言葉に感動し、これが私の終生の目標となりました。最初は、自分の会社を創って社長になることを志し、24歳で日高通信を設立。NHKのテレビが山間部でも見えるようにする基地局の保守工事を始めました。その後、ケーブルテレビの基地局の新設・保守を手掛け、電話帳の最初のページに記載されることを目的に、社名をアイシン共聴開発と変更しました。携帯やスマホなどの出現に伴い、事業は急拡大、会社も大きくなってきました。目標は、業界トップになることです。テレビなどのデジタル化、光ケーブル化などの新技術にも素早く対応しました。」

「平成9年(50歳)に杉並区倫理法人会に入会。平成14年には、東村山市()倫理法人会を創設し、会長に就任。1年後には倍増の105社の正法人会としました。平成21年には、東京都倫理法人会の会長に就任しました。」

「普及活動を積極的に実行するには、『楽しい会』でなければいけないとの思いで、会員のご家族を含み、飲み会、バーべキュー、花見、ゴルフ、一泊旅行などを企画し、年中行事として定着させています。その外、優秀な講師の確保、集会場の確保、楽しませてくれる芸人の確保なども実行してきました。」

幼少の頃から大志を抱かれ、その大志を次々と実現されてきたお話には、引き付けられました。現在会員数が40社の鎌倫では、今年度の最終目標50社を実現するべく頑張っています。今日は、新入会員が喜んで入会するためのキーポイントを伺ったように思います。ありがとうございました。

この後、笑顔の集合写真を撮り、美味しい朝食を頂きながら、講話の感想などを話し合いました。

講師の日高氏は、鎌倫恒例の人力車で鎌倉駅に向かわれました。

(平松 健男 記)

2017年6月28日水曜日

~私と倫理指導~鎌倉市倫理法人会 会員 熊坂節子 氏、  ~父から学んだこと~鎌倉市倫理法人会 会員 菅原 浩太 氏

20170627

今朝は雨降り、西日本では大雨が降るのに、関東地方では、水不足とか。確かに鎌倉地域の降雨量は本当に少ないと感じます。私達が生きて行くには、食料、水、、空気、エネルギが必須です。いずれが不足しても、奪い合いが発生し、究極的には人類滅亡にまで至る懸念があります。そうならないように独り占めはせず、困っている人・国を早く見つけて助けあうという譲り合う心を身につけたいものです。いつも通りの役員朝礼を終えて、6時半から、松谷会長の挨拶が始まりました。
「本日のMSでは、当会員の二人の講師が講話されます。楽しみです。来年度は役員が交代します。私は今年度限りで会長から退きます。あと2ヶ月ですが、なんとしてでも会員会社50社を達成する積りですので、皆さんも協力して入会候補社を探してください。そして、訪問の際には私も同行し、お願いしたいと思っています。」

次は、蔵多 幹事の会員スピーチです。


「鎌倫の暖かい雰囲気が、私は好きです、他会もそれぞれに特長を持っていると思います。子供時代には、素直な感性で、初対面の相手でも直ぐどのような人か判断できたものでした。学校を出て、最初の就職先は、某化粧品店でした。男性に負けないよう、スーツを着こなし、言葉もきつかったと思います。実績が上がって来たので、自信を持ってきたところで、体に無理が掛かったのか、病気になりました。鎌倉に来たときに気付き。自分のどぶ掃除をして、病から脱出できたのが良かったと思います。倫理に入会し、小さな気付きもあり、初心に還って、素直で良い子になるよう努力したいと思います。」

次は、本日の講師:熊坂 節子 氏の講話です。


【熊坂 節子 氏のプロフィール】

昨年6月、鎌倫に入会

「以前、埼玉に住んでいましたが、父母と同居するために、昨年横浜に引っ越しました。鎌倫には、石渡相談役の勧めもあり、入会しました。父が脳梗塞となり、脳幹という小形だけど重要な神経の源がやられてしまいましたので、殆どの機能が破壊されてしまいました。意識はなく、胃瘻により、チューブで栄養補給しながらの生活です。意識はないけれど、死ねない状態が続きました。医師は、一旦入れたチューブを外せば、殺人罪になるので、外せないと言います。

倫理指導を受けたところ、『夫に【はいっ!】を実践しなさい。』と指導され、何となく腑に落ち、実践すると、しばらくして退院することになりました。退院後、水分補給もなしに生き続けること17日間、昨年9月に亡くなりました。その後、私は全てのことにやる気を失い、再度、倫理指導を受けるべく、電話で相談したところ、その電話で、再度『【はいっ!】を実践しなさい。』と指導されました。心がついていけない、心がお坊さんのような感じになり、煩悩が強くて・・・の状態でした。しかし、そのうち、父の良いところが見えて来て、嫌いだった父が好きになりました。倫理にもっと早く出会っていたらよかったのにと思ったことでした。」

次は、同じく鎌倫の 菅原 浩太 会員の講話です。


【菅原 浩太 氏のプロフィール】
菅原 浩太 建築設計事務所 代表
1級建築士 インテリアコーディネーター
福祉住環境コーディネーター2

「私の父は、昭和の男でした。父からは、学んだことも、叱られたこともありませんでした。子供の頃、家族旅行をしたときのことです。母は大きな荷物を抱え、子供の手を引いて歩いていましたが、父は手ぶらで、母のことを『遅い!』と非難したことで夫婦喧嘩になりました。父は、電気メーカの技師で、ブラウン管の研究をしていました。帰宅したとき、ビールが冷えていないと、怒るような人でしたが、私に怒ることはありませんでした。

私は、物理系が得意で、建築学科を卒業後、2,3の建築事務所を転々としましたが、父は『お前、何やってんだ?』とは言いませんでした。しかし、父の助言が欲しかったと思っています。父は本を沢山読んでいましたが、息子の扱い、つまり、どのように話しかけるべきかが判らなかったのだと思います。

母が癌になったとき、父は急に優しくなりました。父はもともと丈夫で、バドミントンやジョギングをしていました。しかし、退職後、直腸機能が悪化し、排便困難で、コントロールできない病気に悩まされるようになりました。神経性の病気だから東洋医学の専門医に架かるように勧めたのですが、言うことを聞きませんでした。そのため、体重が7040kgに急減し、生き仏のようになりました。5年前に幻覚が出るようになり、自分が壊れて行く中で、不安がって死に場所を探して彷徨い、一時行方不明になったこともありました。母は献身的に介護しましたが、父は昨年暮れに亡くなりました。退職後の自由な時間を持つこともできず、可哀想なことになってしまいました。

「栞には『子女名優』とありますが、私にそっくりな父が嫌だったのでしょうか? 父が健康を害したのは、私のせいなのかもしれないと思います。上から目線で父を追い込んでしまったのかもしれません。父が弱っていった過程でそのように反省しました。亡くなった後で、父に、『ありがとう』の気持ちが湧きました。」

会話の少ない息子と父との関係では、えてして、すれ違いを生んでしまいます。本日の菅原 氏の講話は、父子の微妙な関係を赤裸々に物語ってくれました。この関係が倫理を知ることによって、後悔のない父子関係になることを切望します。


この後、美味しい朝食を頂きながら、講話の感想などを話し合い、笑顔の集合写真を撮りました。           (平松 健男 記)

2017年6月21日水曜日

~頑張らなくとも一日3,200万円売れました!~東京都千代田区倫理法人会 会員 坂本 玖實子 氏

20170620

鎌倉の早朝は快晴です。鎌倉では、この時期を代表する色とりどりの紫陽花が、咲き誇っています。いつも通りの役員朝礼を終えて、6時半から、松谷会長の挨拶が始まりました。


「本日のMSでは、かつて大塚家具で、心の販売によって、一日に3,200万円を売り上げた女性営業員(坂本氏)の営業手法の極意についての話を伺います。私の家では、子供のことで、夫婦間で言い争いをしました。そのようなときに、倫理指導を受けなければいけないと思います。」

次は、加藤 愼吾 幹事の会員スピーチです。


「最近一週間経過するのが早く感じます。この勢いでは天国行きも近いような気がします。昨年8月に、愛犬が死にました。当時は犬の散歩で、よく浜辺を歩いたものでした。今朝は4時に起き、一人で浜辺を散歩しました。すると、裸足で散歩している娘さんがいたので、私も裸足で歩いてみると、気分が変わりました。最近は夕方に観光客も多く、浜辺は賑わっていて楽しいものです。仕事以外にも楽しみが出てきたので、もう10年は楽しもうと思っているところです。

逗子アリーナの所は、昔三浦一族が城を建てたのですが、間もなく落城しました。歴史的な遺跡なども多い場所です。仕事を辞めたら、家の片付けや、歴史を考えるのも楽しいと思います。」

次は、本日の講師:坂本 玖實子 氏の講話です。


【坂本 玖實子 氏のプロフィール】
1,993年 シングルマザー(娘2人)となり、営業職に就職
1,998年 某有名家具営業員(パート)に転職
一日で3,200万円の売り上げを記録、
管理職となり、全店1,800名の育成研修を指揮
2,008年 退職し、クラスモアを起業:代表取締役
2,010年 渋谷区倫理法人会入会
2,012年 東京都レクチャラー
2,015年 千代田区倫理法人会へ転籍

「私は、38歳でシングルマザーとなり、化粧品の飛び込み訪問販売員として就職しました。しかし、元々人と話すのが苦手で、商品を売ろうとしても、話を聴いて貰えるどころか、最初から相手にして貰えませんでした。震えながら訪問先の呼び鈴を押したことを覚えています。販売成績は最低の日が続きました。悩み抜いて得た結論は、売ろうとするより、相手のお役に立つことを優先させるとともに、売る商品に自信を持ち(機能や性能などの知識を充実させる)、心の営業に徹するということでした。

43歳で某有名家具店のパート営業員に転職、訪問販売の際、相手の気持ちにより沿って相手の話を聴くことから始め、何がこのご家庭の問題点なのか、その課題を解決するには、どのような家具が適するのかなどを一緒に考えるようにしたところ、相手も心を開いてくれるようになり、売り上げはどんどん上昇しました。結果的に1日で3,200万円という驚異的な売り上げを実現し、一躍トップセールスマンとなり、管理職に抜擢されました。」

「セールスのポイントは、『①.売ろうとしないで、相手のお役に立つことに徹する、②.こちらから一方的にしゃべり過ぎない、③.相手の話に耳を傾け、より沿う、④.自分らしさを出す(尊己及人)・・・。』ことと思います。」

2,008年に家具店を退職し、社員研修、講演、人財育成コンサルティングを業務とする人財育成会社()クラスモアを起業し、外国を含む各地で倫理の理念に基づいた活動をしています。」

坂本氏は、昨年「頑張らなくとも一日3,200万円売れました」という本を発行され、紀伊国屋書店で売り上げ1位にランクされました。

 この後、用意された美味しい朝食を頂きながら、講話の感想などを話し合い、笑顔の集合写真を撮りました。


(平松 健男 記)

2017年6月15日木曜日

~倫理の自由境~倫理研究所 法人局普及事業部 主事 首都圏方面 副方面長 丸本 敏文 氏

20170613

早朝から雨がしとしとと降る肌寒い梅雨空となりました。公会堂では、目を輝かせて、いつも通りのきびきびとした役員朝礼です。

6時半から、松谷会長の挨拶が始まりました。


「皆さんの努力で、11日のチャリティコンサートは、ほぼ満席で、成功裏に終えることができました。感謝です。これからの普及活動に是非繋げて行きたいと思います。今期の目標70社達成の実現に向けて共に頑張りましょう。」

次は、石渡 好行 相談役の会員スピーチです。


「私は、人を育てることが大切だと思います。若い人を育てるために生きているとも思っています。少しでも若い方々に色々なことをお伝えしたいと考えます。誰もが、楽しく、幸せに暮らしたいと願っています。自分が若い頃に我儘に育ってきましたので、65歳のときに『ありがとう』運動を始めました。今までに1千万回を達成しました。またお墓参りにも行きました。心を込めなければだめです。毎朝早起きして仏前でご先祖様に一人朝礼をし、『ありがとう』を称えます。倫理は実践です。眼の不自由な人にとって、電車のホームは命掛けの場です。抱え込んであげると、とても喜んで頂けます。これらを実践することが倫理にとって重要なことと思っています。」

本日の講師は、倫理研究所 法人局普及事業部 主事 首都圏方面 副方面長 丸本 敏文 氏です。講話のテーマは【倫理の自由境】です。


【丸本 敏文 氏のプロフィール】
1,9772月生まれ
2,0002年 社団法人 倫理研究所に入所
富士教育センターにおいて、所定の過程を受ける
2,004年 法人局教育事業部 配属
2,008年 法人局普及事業部 九州・沖縄 副方面長
2,010
年 法人局普及事業部 中国・四国 副方面長
2,011
年 教育センター 育成部 配属
2,012
9月 法人局 普及事業部 北海道・東北方面 副方面長
2,013
9月 法人局 普及事業部 首都圏 副方面長
…現在に至る


「以前、倫理学問として体系付けるため、『実験倫理学大綱を研究する大学』を作ろうという話がありました。しかし、時期尚早ということで、大学創設は断念しました。その際、『倫理の自由境』という概念を考え、自由とは素直な心に還ることで、色々な知識を持てば、歪んだ心になってしまうと考えました。素直に現状を受け入れることが大切です。」

「ある運送会社の話です。その会社には社長の外に4人の社員がいました。その会社で、三つの異変が同時に発生し、4人の社員が同時に会社を辞めました。

  社員同士の不倫、

  トラックを田んぼに落とし大破、

  将来を期待できる若い社員なのに、心の病があり、朝起きても会社に行けない、

などでした。私は、80歳を超える女性の法人アドバイザーから倫理指導を受けました。『社長のお母さんは寂しがっていませんか?』と訊かれ、電話で確認すると、『社長には、女性関係がある。』とのこと、その女性との縁を切ったところ、家族関係が改善され、立ち直ることができました。

私の場合は、倫理指導を受け、『朝起きたときなど、妻にちゃんと挨拶するように、しかも名前を呼んでおはようと言うように』と指導されました。最初は言いづらかったのですが、努力して言われた通りにすると、家族関係は随分改善されました。これに『ありがとう』を追加し、『愛しているよ』も追加すると更に改善されると思います。」

家庭倫理の会には、16歳のときから入っていて、その後、タイル職人を6年間していました。25歳のとき、タイル業の親方から分かれて、倫理研究所への入所を決意しました。入所に際しては何故入所したいかの文章を書かなければならず、当時の研究所の局長から急かされ、頑張って完成させました。今となっては、自分が幸せな男であり、良い勉強になったと思っています。
入所してから色々と苦労もありましたが、一つ一つを受け入れて前向きに決心しながら、倫理の道を進んでいきたいと思っています。」

丸本 氏は、16歳で倫理の路に入られ、ご苦労しながら倫理の本道を歩んで来られました。今後とも倫理の普及に取り組まれ、輝かしい人生を辿られますよう、祈っています。


この後、1コインの朝食を頂きながら、講話の感想などを話し合い、笑顔の集合写真を撮りました。


食事後、鎌倫恒例の人力車で、小雨の由比ガ浜往復を楽しまれました。

(平松 健男 記)

2017年6月6日火曜日

~絶望から希望へ~川崎市南倫理法人会 幹事 竹田 淳子 氏

20170606

九州では梅雨入りとのこと、鎌倉でも日毎にむし暑さが増し、温度の上昇とともに、湿度も増大、一両日中に梅雨入りしそうです。

6時半から、松谷会長の挨拶が始まりました。

「倫理の『日めくり』と、『職場の教養』から得られるものは多いので、皆さんも是非毎日読んで参考にし、実践に活かしていただきたいと思います。先日茅ヶ崎市倫理法人会の副会長 早瀬氏の講演を聴きに行きました。内容がとても素晴らしかったので、その講演をどこかで是非聴いてほしいと思います。」

次は、清水 克規 会員の会員スピーチです。

「先日、気の緩みから左手を骨折しました。買い物や仕事などの面で不自由することと心配していました。しかし、実際に買い物に行けば、親切な店員が買ったものを私のリュックなどに上手に入れてくれたり、会社でも社員が親切に対応してくれて、問題は殆どありませんでした。他人に声掛けすれば、自分が変えられることがよく判りました。栞の第四条(人は鏡、万象はわが師)を今日から実践していきたいと思います。」

本日の講師は、川崎市南倫理法人会 幹事 竹田 淳子 氏です。講演のテーマは、【絶望から希望へ】です。

詳細は割愛させていただきますが、幼少期から、必ずしも恵まれなかった家庭に育ち、倫理に出会って、自らを変革され、絶望のどん底から大きな希望へと乗り越えて行かれた過程を披露されました。聴く私たちには、そのようなことが現実にあるのだとの思いと、竹田氏の現在の活力溢れる明るい笑顔に、ただただ、感動の渦に巻き込まれてしまいました。

この後、集合写真を撮り、美味しい朝食を頂きがら、一人1分で感想を述べ合いました。多くの方々が鎌倉市倫理法人会のMSに来てくださり、竹田 淳子 氏の圧倒的な講話に心底驚き、共感し、倫理の教えの本質の偉大さを感じ取ることができました。ありがとうございました。

その後、由比ガ浜往復の人力車で、鎌倉の初夏を楽しまれました。
(平松 健男 記)

2017年5月24日水曜日

~奇跡を起こす種はあなたの中に~東京都江戸川区倫理法人会 幹事 須賀 えり子 氏

20170523

日毎に暑さが増し、そろそろ最高温度が30℃を超してきました。空気はまだそれほど暑くは感じませんが、晴れると太陽光の日射はきつく、紫外線と熱中症には気を付けなければいけません。

本日の講師は、東京都江戸川区倫理法人会 幹事 須賀 えり子 氏です。

6時半から、松谷会長の挨拶が始まりました。

「須賀さんとは、昨晩色々な話をしました。大変ご苦労をされたようで、倫理によってそれを乗り越えて来られた貴重なご経験をお聴きしたいと思います。職場の教養に掲載されている記事の中で、『今後のことは分からない。いい方向に向かう楽しみと、悪い方向の不安とがある。』と書かれています。できれば楽しみな方がいいですね。6/11に開催されるチャリティコンサートのチケット販売についても、売れないかもしれないと不安がるより、沢山売れるのではと楽しみにして販売できるといいと思います。」

次は、蔵多 のり子 幹事の会員スピーチです。

「私の仕事(マノマッジオ:代謝美容・未病サロン)の師匠はオペラ歌手で、薔薇が大好きな方です。沢山の種類の薔薇を自宅で栽培し、100人以上の人達を呼んで、薔薇パーティを開きます。その方は、福島大学医学部に在学中で、師匠の言では、『人間の体には、60兆個の細胞があり、そのうち脳の細胞は、140憶個あり、脳をうまく騙せば、若返りも可能です。その最も良い方法は、人を褒めることです。』とのことです。」

「会長の笑顔も素晴らしいですね。人を褒めれば、自分の中から自分を変えてくれます。愛の目で人を見れば、美しく、素敵な自分に変えられることでしょう。」

いよいよ須賀 えり子 氏の講話です。

須賀 えり子 氏のプロフィール】
20152月:東京都江戸川区倫理法人会に入会
2016年:()i・フィールドを起業(心理セラピー研修など)
201612月:幹事就任

「昨日、鎌倉の色々な所に連れて行っていただき、武士の町であり、歴史ある気の流れを感じました。本日は、『奇跡を起こす種はあなたの中に』というテーマで話させていただきます。

「私の人生は、苦難・福門の連続でした。その間、『セラピー』に出会いました。先ずは、私の過去の体験をお話します。『自分は存在してはいけない。生きていては申し訳ない』などという自己否定的な潜在意識を子供の頃(10歳以下)から持っていました。成年になって、起業したときにも、思い通りに事が進まず、大赤字を出し、主人にも大迷惑をかけました。しかし、主人は、詰問する訳でもなく笑い飛ばし、むしろ励ましてくれました。その後、義父が脳梗塞になり、在宅介護が始まったとき、義父は言葉が発信できないためのいらだちで感情失禁(直ぐに怒る)状態となり、私と義父の間だけでなく、私と義母との間も悪化しました。そのとき、心理セラピーに出会い、こちらが相手の立場になって考えられるようになると、義父も穏やかになり、私と義母との関係も大きく改善しました。」

「心のメカニズムを知れば、強く、明るい心を育てることができます。自己否定から逃れ、相手を心から愛する関係とするには、先ず、自分の心を変えることです。自分の考え方や行動に制限を加えてしまう思い込みから自分自身を解放することで、事業計画の失敗から回復したこと、私が私を生きられるようになったこと、社内の離職率が700%/8年と激減したことなどの大きな効果がありました。 

この後、集合写真を撮り、皆川副会長料理長による美味しい朝食を頂きがら、一人1分で感想を述べ合いました。苦難福門、運命自招、万象我師、夫婦愛和など、須賀 えり子 氏の心理セラピーを通じての倫理体験を知ることができ、私達の心を強く捉えました。ありがとうございました。

 その後、由比ガ浜往復の人力車で、鎌倉の風を楽しまれました。

(平松 健男 記)