さまざまなイベント企画を行っている鎌倉市倫理法人会

モーニングセミナーをはじめ、おもしろ企画をどんどん行っています。いろんな経験をしたいなら鎌倉市倫理法人会へ!

2017年11月10日金曜日

11/14(火)モーニングセミナー告知


鎌倉市倫理法人会は大人のてらこやです。経営者同士の情報交流の場、心の勉強をする場です。ぜひ私たちのモーニングセミナーに参加してみませんか?どなたでも大歓迎です!

2017年11月1日水曜日

~希望を力に 指導の力~東京都渋谷区倫理法人会 副会長 岸本 稲子 氏

20171031
昨日は、2週続けて大型台風が来襲しました。今回の台風の気圧はそれほど低くなく980hPa程度で、上空のジェッ気流(西風)に乗って、関東地区の南方を素早く通り抜けたので、風速はそれほどでもなく、大きな被害はありませんでしたが、北海道の東北に達してから、気圧がさらに低下し、950hPaと、台風並みに発達しました。この理由としては、上空に寒気が流れ込み、海面との温度差が増大し、それにつれて空気の密度差が増大、上昇気流が増大したためとみられています。通常、海面温度が27℃以上で台風が発達し、それ以下では衰えると言われますが、上空に寒気が入ると、そのバランスが崩れるということでしょう。今回は台風の通過と同時に木枯らし1号が吹きました。今までの常識を超えて異常気象が次々とやって来ます。



朝礼には、11名が出席、大きな声ときびきびとした動きで朝礼が始まりました。6時半からは、MS開始です。

中山会長の挨拶が始まりました。
「昨晩は今回の講話を担当してくださる岸本 氏のお話を伺いました。今日も、素晴らしいお話が聴けると期待しています。

先日大事な鞄を紛失し、万人幸福の栞や、バッジなども失くしてしまい、これを機に一からやり直す気になりました。」

 
次は、長谷 真子 幹事の会員スピーチです。


「私の次男は、4年前に社会人となり、ある会社に就職しました。その会社の社長は、倫理法人会の会員で、その社長方針(活力朝礼など)の型苦しさに反発し、会社を辞めました。その後、自衛隊の訓練生として入隊し、訓練生として合格。正式入隊が決まりました。が、その後、息子から『今の生活には耐えられそうにない』との相談があり、息子の今後はどうなるのだろうと心配しました。倫理に入会してから、私達の夫婦関係なども少しずつ改善され、そのことを息子も感じているのでしょう、息子の想いも理解できることを話したところ、あと3年は頑張ると言ってくれました。更に家族関係を改善したいと願っています。」

ご子息のことを、いつも愛され、献身的に関わっておられる姿には、いつも感動します。どこの子供でも、友人や教師、職場の仲間との人間関係などに悩みながら、それらの一つ一つを自分なりに解決して行く強い力を持っていると思います。親は、あくまでも子供を信じ力づけ、愛によって包み込むことができれば、子供自体の解決力をより力強くすることができると信じたいと思います。

次は、いよいよ、岸本 稲子 氏の講話です。テーマは、「希望を力に 指導の力」です。
【岸本 稲子 氏のプロフィール】
東京都渋谷区倫理法人会 副会長
普及拡大委員
東京都レクチャラー
岸本稲子指圧治療院 院長
 
前年度は、渋谷区倫理法人会の会長でした。そこで、会員数をプラス54社に増やし、個人普及賞を貰いました。この増加分は、息子の関係会社です。今後も無理はしないけれど頑張って普及活動を続けたいと思っています。」と、驚きの内容から講話が始まりました。

「私には、JAに務める夫と、娘一人、息子一人がいました。夫は、とても優しく、家事も積極的に実行してくれましたし、子供の面倒もよく見てくれました。10年前に突然ビルの7階から転落して亡くなりました。当時娘は高2、息子は中2でした。息子は父親が亡くなったときに、相談する相手がいなくなったことで号泣し、その後不登校になってしまいました。女性教師が、個々の個性に合わせた教育より、決められたレールに乗せようとすることから、反発し、夜はコンビニにたむろ、暴走族にも出入りするようにもなり、事を犯すごとに各所に土下座して謝りに行き、金銭的に迷惑を掛けたところには弁償もしました。絶望的になったこともありましたが、最後には生きてくれてさえいればいいと思い、帰宅するかどうかわからない息子のためにも、3食をきちんと用意しました。」

「私自身は、子供の頃から体育系が得意でした。息子に何かがあれば、金属バットを持って応援にも行きました。手に職をつけるため、指圧の資格も取り、治療院を開設しました。そして5年前に地区長の勧めで倫理法人会に入会。以下の倫理指導を受けました。『4箇所の墓参りに直ぐに行きなさい。そして、ご主人の母親の足を洗ってさし上げなさい。』と言われました。直ちに実行したところ、義母が自分の母のようになり、子供たちとの関係も一挙に良化し、息子も倫理に入会、仕事も熱心にするようになりました。そして、息子の昔の仲間の大勢が入会してくれ、冒頭のような奇跡的な驚くべき入会増となったのです。」

純粋倫理の実行によって、これ程の効果・展開があることは驚くべきことです。益々の発展を、切にお祈りしています。

集合写真を撮り、美味しい朝食を頂きながら、講話について話し合いました。特に、山形など、遠くから鎌倉にお出でになった方に、感謝申し上げます。


(平松 健男 記)

2017年10月26日木曜日

10/31(火)モーニングセミナー告知


鎌倉市倫理法人会は、経営者が集う場、心の勉強をするための「大人のてらこや」です。朝活をモットーに毎週火曜日さまざまな講話を招いて勉強会を開催しております!

2017年10月24日火曜日

~地球倫理の推進~倫理研究所 国際事業部 研究員 高橋 哲也 氏

20171024

昨日は、10月下旬なのに、超大型で強い台風が猛スピードで日本を駆け抜けました。台風一過というに相応しい青空と、さわやかな涼しい日となりましたが、今朝はまた元に戻ったようなどんよりとした曇りの日です。遙か南の海上には、新たに台風が発生したとか、やはり地球温暖化の牙が本格的に北半球を襲ってきたような気がします。東シナ海や南シナ海の海面温度が過去の平均値より3℃程度高いこと、しかも海面から50mの深さまでが高温になっていて、台風が過ぎて、海面が撹拌されても比重の軽い高温水がそのまま海面に留まっているようです。ここ神奈川県の日照時間は、夏至の14時間30分に対し、今日は11時間と3時間半も短くなっているのに、海面温度が低下しないのは、異常というほかありません。


6時からの役員朝礼には、10人以上の役員が出席、大きな声ときびきびとした動きで朝礼が始まりました。6時半からは、MS開始です。

中山会長の挨拶で始まりました。
「選挙活動で2週間MSを欠席し、今日から元に戻りました。選対は、ウグイス嬢を含め、全てがボランティア。皆が心を一つにして実行すれば、困難な目標も達成できるということが分かり、良い経験をしたと思っています。鎌倫の会員の減少が気がかりですが、皆が心を一つにして会員増に取り組めば、50社も夢ではないと思いますので、皆さんのご協力をよろしくお願いします。」


次は、平松 健男 幹事の会員スピーチです。



「今の教育は幼児期から大学まで、そして企業に入ってからも、知識教育を重視していて、人間教育としては欠けているように思います。神様は、緻密な物理法則に従った天地を創造されるとともに、個人個人をそれぞれの個性に従って、自分の進むべき道を自分で決め、あらん限りの努力で自己実現を図るように創られたのだと思います。

そうならば、教育の基本は、自分で課題を見つけ、その解決法を自分で見つけるのをそっと手助けすることではないかと思います。

小学校の低学年でソロバンの段を取り、高校で相対性原理をマスターするような人間を育てる手法について考えると、困難な課題を自分で見つけ、自然界の謎解きに夢中になれる人材(勿論文系に秀でた人材も)を見守り、育成するような教育こそ大切なような気がします。

栞の106ページには、『祈り』について、その真髄が書かれているように思います。」

次は、国際事業部 研究員 高橋 哲也 氏の講話です。

テーマは、「地球倫理の推進」で、最近の海外への倫理の普及に関する話題でした。ご本人のご希望もあり、内容詳細は割愛します。
 
この後、集合写真を撮り、美味しい朝食を頂きながら、講話について話し合いました。


(平松 健男 記)
 

2017年10月19日木曜日

10/24(火)モーニングセミナー告知


10/24(火) モーニングセミナー告知です。

朝から大きな声で笑顔の挨拶。朝活で体も心も朗らかになります。ぜひモーニングセミナーにお越しください!(事務長 菅原浩太)

2017年10月17日火曜日

~あなたはどんな最期をむかえたいですか~東戸塚地域ケアプラザ 看護師 名和幸子さん 

秋の長雨。ここのところ雨続きの寒い日が続いています。

雨にも負けず今日も朝6時からのモーニングセミナー朝礼が大きな声と笑顔で元気よく始まりました。朝から大きな声と笑顔で挨拶すると心身ともにスッキリ気持ちよくなり、脳も活性化し仕事への集中力が増します。ぜひ素敵な朝活の時間を共有しましょう。

続いて6時半からモーニングセミナーが始まりました。

中山会長ご欠席のため、石渡好行副会長のスピーチです。


「今日は朝、泣いてきました。東北大震災のDVDを観て泣いてきました。寒くなってきましたが未だに断熱材の無い応急仮設住宅で暮らしている方々がいます。そういう方々に想いを馳せ、自分のできることをする。常に思いやりの心で自己の慢心を戒める。一日一回泣くことで心の雑草を取り除く。それが倫理の学びの場だと思います。」

続いて蔵多のり子専任幹事の会員スピーチです。



 「蓮見先生の指導で、同じ時間に、同じことを、同じ場所で、続けることの重要性を学びました。ところが実践してみると、これが如何に難しいかということを学びました。しかし、やろう!という意識や行動によって自分が少しづつ変わってきたことを実感しています。そのお陰で最近は、人の縁が繋がってきていることを実感しました。」

「偶然、沖縄で会社を経営している旧友とfacebookでお友達になりました。その方の紹介で、シンガーソングライターの方とSNSを通じて知り合いになりその方のコンサートを聴いてきました。ところがSNSで普段接しているので初めて会った感じがしません。これはきっと何かの力で会わされているんだろうと思わせてくれるほど心にスンとくるような素敵な出会いでした。音楽はその人の波動や生き様が感じらる力を持っています。このようにして人の縁が繋がり、自分も成長していけることに感謝です。」

続いていよいよ本日の講師 東戸塚地域ケアプラザ 看護師の名和幸子先生の講話です。


まず冒頭に、倫理法人会との繋がりをお話ししていただきました。名和先生のお勧めするドキュメンタリー映画「生死(いきたひ)」(長谷川ひろ子監督)が湯島倫理法人会で上映されたことから倫理法人会を知るきっかけとなったということです。

そしてプロフィールをご紹介いただき、「看取り」という終末医療に携われてきた経緯をお話ししていただけました。
「看護学校を卒業し、小児病院へ勤務し一旦リタイアした後、H12年度から有料老人ホームにて働いてきました。小児とは違う高齢者医療に携わるようになり、子供とお年寄りは違うように思えても、じつはとても同じようなものであるということがわかりました。子供は能力が向上していきますが、お年寄りは能力が低下していきます。しかし、励ましたり意欲が持てるようになるのは子供もお年寄りも同じなんです。」

「老人ホームにて人生の末期を多数みてきた中で気づいたのは、医療行為だけで十分な「看取り」が出来ないということ。「死」はとても身近にあるのですが、タブー視され、病室に追いやられて無理矢理延命治療が行われたりしています。」

「老衰は病気ではありません。徐々に身体が衰えてくると食べ物を飲み込む力が弱くなります。食べ物が気管に入ることで誤嚥性肺炎を引き起こします。嚥下機能が無くなると鼻から胃に直接栄養を入れることになりますがこれは大変苦しい。老化によって痴呆症を患っている方も多いので、 苦しくて自らチューブを抜かないように拘束衣を着させられたり、ミトンを付けられるケースが多くあります。」

「嚥下機能が落ちても、長時間少しづつ食事をさせれば機能が回復するケースもあります。しかし病院ではそんな時間はありませんので安直な治療に陥りがちです。三か月経てば療養型医療機関に移設、或いは在宅介護となります。在宅介護は家族が高度な医療行為をサポートする必要があるためとてもハードルが高いのが現状です。」

「鼻からの摂取が難しくなると胃ろうになります。しかし、一回胃ろうにしてしまうと止めることはできません。なんとか胃ろうに至る前に対処できないか?というのが医療現場での課題になっています。」

「老衰してくると、体が「もういらない」と栄養の摂取を拒絶することが起こります。死に向かおうとする自然のプロセスが起こります。太っている人でもお腹が背中にくっつくほど痩せていきます。死ぬということは全てを出し切っていくこと。しかし点滴などで無理矢理水分を入れると、体が受け付けず水膨れを起こし、反って苦しめることにもなります。肺に水が溜まると肺水腫を引き起こします。」

こういった現場を多数みてきた経験から、日頃から自分はどのような最期を迎えたいのか?を考える必要があると語られていました。自然な死を迎えた方は本当に安らかな顔をしているということでした。

死は必然であり、誰もが最期に経験することです。死の現場を病院の片隅に追いやってしまうのではなく、死を見つめ直し、どう死に向き合っていくのか、引いては今をどう生きるか、という問いをしていく必要があるというお話しをお聴き出来ました。

名和先生の講話に、昨年胃ろうの末に亡くなった筆者の父親のことを回想しながら改めて感慨深い気持ちになりました。



講話にてお勧めいただきましたドキュメンタリー映画「生死(いきたひ)」と本「枯れるように死にたい」をご紹介しておきます。



モーニングセミナーの後は好例の記念撮影。その後名和先生を囲んで楽しい朝食会&感想会が行われました。名和先生、本日の講話ありがとうございました!

(記:事務長 菅原 浩太)

2017年10月12日木曜日

10/17(火)モーニングセミナー告知



10/17(火) モーニングセミナー告知です。

倫理法人会ってどういう団体?知らない人こそ大歓迎です。共に素晴らしい学びの場を共有し、自己研鑚を積み自社の発展と社会貢献を目指しましょう!(事務長 菅原浩太)